社会保険関係の届出について

社会保険とは

すべての会社は社会保険に加入する義務があります。
 
社会保険には、
主にサラリーマンを対象とした、「健康保険・厚生年金保険」という制度と、
個人事業主を対象とした、「国民健康保険・国民年金保険」という制度がございます。
 
現在会社に勤めている方は「健康保険・厚生年金保険」に、
起業準備のために会社を辞めた方、個人で事業を行っている方は「国民健康保険・国民年金保険」に、
加入していることも思います。
 
それでは、皆さんが起業したらどちらの制度になると思いますか?
「健康保険・厚生年金保険」に加入することになります。
なぜなら、起業家の皆さんは、会社から役員報酬をもらうサラリーマンという扱いになるからです。
  
とはいえ、「健康保険・厚生年金保険」に加入すると、従業員の社会保険料の約50%を法人が負担しなければならないので、その負担をネックと感じる方もいらっしゃると思います。
 
しかし、最近では、法律に従わないで社会保険未加入の法人を、社会保険庁が行政的に加入させ、これまでの支払うべき社会保険料を追徴するという事態になっています。
 
ですから、これからの時代は、社会保険料の会社負担は、会社経営上のコストと考えたほうが良いといえるでしょう。

 
 
 

社会保険に加入しなければならない人の範囲

摘要 健康保険 厚生年金
役員
社員
パート(常用)
パート(非常用)

 
 
 

社会保険に加入する手続き

厚生年金保険の窓口は年金事務所(日本年金機構)に、
健康保険の窓口は全国健康保険協会です。
 
新規適用届」と「被保険者資格取得届」の所定事項を記入し、基礎年金番号通知書などの必要書類を添えて、強制適用になった日から5日以内に提出しましょう。
 
 
 

もし提出が面倒でしたら、私どもが代行するサービスも行っております。

メニュー 費用 代行内容
税務書類の提出代行サービス 10,000円 税務署、税事務所、区市役所へ法人設立届等の書類の提出を代行いたします。
社会保険の加入代行サービス 10,000円 社会保険(健康保険・厚生年金保険)への加入を代行いたします。

※税務書類の提出は提携の税理士にて対応いたします。
※社会保険の加入代行は提携の社会保険労務士にて対応いたします。

【業務対応地域】※全国どこでも対応いたします!

(都道府県)
北海道・青森県・岩手県・宮城・秋田・山形・福島県・茨城・群馬・栃木県・埼玉県・千葉県・ 東京都 ・神奈川県・新潟・富山・石川県・福井県・山梨県・ 岐阜県 ・長野県・静岡・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫・和歌山県・奈良県・鳥取県・島根県・広島県・岡山・山口・徳島・香川・愛媛県・高知県・福岡県・長崎県・宮崎県・鹿児島県・熊本県・佐賀県・大分・沖縄県

(東京都市区町村)
千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・西東京市・狛江市・清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・国立市

(東京都地域)
浅草・麻布・池袋・上野・恵比寿・大井町・大崎・大手町・荻窪・御茶ノ水・表参道・霞が関・蒲田・亀有・神田・北千住・錦糸町・銀座・高円寺・汐留・品川・渋谷・下北沢・自由が丘・白金・新宿・新橋・代官山・台場・高田馬場・築地・豊洲・中野・永田町・日暮里・日本橋・練馬・浜松町・原宿・光が丘・日比谷・二子玉川・丸の内・目黒・八重洲・有楽町・吉原・四ッ谷・両国・六本木
(神奈川県市区町村)
横浜市 ・川崎市 ・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ケ崎市・相模原市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市
Top