発起人について

株式会社設立にあたって決定しなければいけない事項の1つ、
発起人についてについて説明いたします。

発起人とは

発起人とは、会社設立の企画者として定款に署名または記名押印した者のことを指します。

わかりやすくいえば、会社をつくろうと考えて、会社をつくるための手続きを行う人のことです。

発起人が必ずしも会社の経営に携わる必要はありません。
会社を設立し、経営は他の人に任せることも可能です。

発起人の役割

発起人は、

  • 定款の作成(定款の内容検討、作成)
  • 資本金の払込
  • 設立登記に関する事務手続き(書類作成)
  • など

の業務を担います。

発起人の要件

発起人の人数、資格に制限はありません。
発起人は1人以上いれば足りますし、法人でも発起人になることは可能です。

ただし、各発起人は株式を必ず1株以上引き受けなければなりません。
つまり、発起人は、自らが設立する会社の株主になる必要があります。
これは、株式を引受けさせることで(出資=発起人もお金を払う)、
発起人が誠実に会社をつくるようにするためです。

中小企業の場合は、発起人は1人か2人で、発起人=取締役の場合が多いです。

個人が発起人となる場合

個人が発起人となる場合、会社設立時に個人の印鑑証明書が必要になります。
ご用意していただく書類は、印鑑証明書のみでございます。
※印鑑証明書については、印鑑カードをもって、市役所や、市民サービスセンター等で取得することができます。

法人が発起人となる場合

法人(株式会社、有限会社、合同会社等)が発起人となる場合、個人と同じように、法人の印鑑証明書が必要になります。

それとは別に注意していただきたいことがございます。
発起人となる法人と、設立する予定の法人との間で、事業目的(会社がどのような事業を行うか)が最低でも1つ同じ、もしくは似たような内容が記載されていることが不可欠です。

その証明として、法人の履歴事項証明書も添付し、公証役場に提出します。

※発起人となる法人と、設立する法人の中で事業目的が同じものがない場合、発起人になることはできません。

よって、この点に注意していただき、会社設立をしていただければと存じます。



次に、「 定款」についてご説明いたします。

【業務対応地域】※全国どこでも対応いたします!

(都道府県)
北海道・青森県・岩手県・宮城・秋田・山形・福島県・茨城・群馬・栃木県・埼玉県・千葉県・ 東京都 ・神奈川県・新潟・富山・石川県・福井県・山梨県・ 岐阜県 ・長野県・静岡・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫・和歌山県・奈良県・鳥取県・島根県・広島県・岡山・山口・徳島・香川・愛媛県・高知県・福岡県・長崎県・宮崎県・鹿児島県・熊本県・佐賀県・大分・沖縄県

(東京都市区町村)
千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・西東京市・狛江市・清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・国立市

(東京都地域)
浅草・麻布・池袋・上野・恵比寿・大井町・大崎・大手町・荻窪・御茶ノ水・表参道・霞が関・蒲田・亀有・神田・北千住・錦糸町・銀座・高円寺・汐留・品川・渋谷・下北沢・自由が丘・白金・新宿・新橋・代官山・台場・高田馬場・築地・豊洲・中野・永田町・日暮里・日本橋・練馬・浜松町・原宿・光が丘・日比谷・二子玉川・丸の内・目黒・八重洲・有楽町・吉原・四ッ谷・両国・六本木
(神奈川県市区町村)
横浜市 ・川崎市 ・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ケ崎市・相模原市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市