融資獲得のための重要要素

融資を獲得するために重要な要素について、
融資の申請から決定までのフローとともに説明いたします。

融資決定までのフロー

大きく分けると下記のような流れとなっております。

創業の準備

事業計画書の作成

面談

決定

①創業の準備における重要要素

そもそも、このフロー自体が重要な要素ということは皆様もお分かりかと思います。
中でも、「自己資金」、「事業経験」などは急には増やしたり、身につけたりすることは困難なため、
前もって準備をしておくことが大切です。

②事業計画書の作成における重要要素

事業計画書とは、融資の担当者が見る書類です。
この事業計画書の出来は、融資の実行に大きな影響を与えます。
それは、融資の可否を判断する上で、客観的な資料は重要視されるためです。

客観的な資料は重要視される とはどういう意味か?

融資担当者といえ、事業が100%上手くいくかどうかは判断できません。
創業者本人と融資担当者の考え方は違います。
事業がうまくいくという言葉一つとっても異なるでしょう。
創業者としては、事業がうまくいく=事業の成功でしょう。
融資担当者としては、事業がうまくいく=返済可能な事業ということでしょう。

そのため、融資担当者の前提には、
「うまくいく確率は低いがうまくいったら大きな利益の出せる事業」
「うまくいっても利益は大きく出ない事業だがうまくいく確率は高い事業」
の2つでは、後者へ融資するということです。

よって重要になってくるのが、事業がうまくいくことを担当者に分かってもらうことです。
担当者にわかってもらうためには、主観的な要素ではなく、誰しもが同じことを思うような客観的な要素が必要になります。

そのため、客観的な要素の強い事業計画書が重要になります。
(正確には、客観的に事業計画書を書くことが大切です。)

③面談における重要要素

融資担当者と接する重要な機会ですのでしっかり準備をしましょう。
融資担当者と約1時間にわたり面談をします。
聞かれる内容はまちまちですが、
事業計画書の内容をしっかりと把握しておくこと
創業者としての思いを持ち合わせていること
創業者=経営者としての人格
があれば問題はありません。

【業務対応地域】※全国どこでも対応いたします!

(都道府県)
北海道・青森県・岩手県・宮城・秋田・山形・福島県・茨城・群馬・栃木県・埼玉県・千葉県・ 東京都 ・神奈川県・新潟・富山・石川県・福井県・山梨県・ 岐阜県 ・長野県・静岡・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫・和歌山県・奈良県・鳥取県・島根県・広島県・岡山・山口・徳島・香川・愛媛県・高知県・福岡県・長崎県・宮崎県・鹿児島県・熊本県・佐賀県・大分・沖縄県

(東京都市区町村)
千代田区・中央区・港区・新宿区・文京区・台東区・墨田区・江東区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区・荒川区・板橋区・練馬区・足立区・葛飾区・江戸川区・八王子市・立川市・武蔵野市・三鷹市・青梅市・府中市・昭島市・調布市・町田市・小金井市・小平市・日野市・東村山市・国分寺市・西東京市・狛江市・清瀬市・東久留米市・多摩市・稲城市・国立市

(東京都地域)
浅草・麻布・池袋・上野・恵比寿・大井町・大崎・大手町・荻窪・御茶ノ水・表参道・霞が関・蒲田・亀有・神田・北千住・錦糸町・銀座・高円寺・汐留・品川・渋谷・下北沢・自由が丘・白金・新宿・新橋・代官山・台場・高田馬場・築地・豊洲・中野・永田町・日暮里・日本橋・練馬・浜松町・原宿・光が丘・日比谷・二子玉川・丸の内・目黒・八重洲・有楽町・吉原・四ッ谷・両国・六本木
(神奈川県市区町村)
横浜市 ・川崎市 ・横須賀市・平塚市・鎌倉市・藤沢市・小田原市・茅ケ崎市・相模原市・秦野市・厚木市・大和市・伊勢原市・海老名市・座間市
Top